PPDC blog

グラフィックデザインオフィス
株式会社PPDCスタッフブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 某王国内をウロウロして来た | main | 自分超強い<逆説的に >>

親の威厳と引換に肉離れ

0

    先日は、新聞折込チラシについていた「割引クーポン券」にまんまと釣られ、
    「自然と遊ぼっ!清水公園」
    なる所へ行ってきました。
    「清水公園」(例によってwikiより)
    「千葉県野田市にある民営の自然公園。園内にあるフィールドアスレチックは日本最大級であり、特に池の上に作られた「水上コース」は人気がある。 ここには世界初の噴水迷路もあり、ここも人気スポットとなっている。」
    だそうです。
    幼少の頃、親から連れられて行った、どこだかの「アスレチック」をよく覚えている事もあり、ぜひ子ども達をアスレチックに連れて行きたかった、というのもあります。
    毎年1度は、公園で「逆上がり」がまだ出来るかチェックしている(ほんとに)私は、「子ども向けのアスレチックごとき、まだまだ余裕だろ」などと考えておりました。
    まさかその後、親の威厳を守る事と引換に、肉体に重大なダメージを受ける事になるとは夢にも思いませんでした・・・

    公園についてみるとアスレチックは思いのほか本格的。

    なめていました。
    さすがに、田舎にあったのとは違います・・それか、すっかりひとまわりもふたまわりも大きく育ってしまった自らのお腹がそう感じさせてしまったのかもしれません。
    1歳の娘2号はおいといて、6歳の娘1号の「お父さんなら出来るでしょ」的視線の手前、
    「これはやめとこーかな」などとはなかなかに言い出せない雰囲気。
    まあ、ファミリーコースなんで、大体のものはそんなに難易度が高いわけではないのですが、問題は人生最大級の体重と体脂肪率を年々更新し続ける我が肉体を、自分の腕がどの程度支えられるのかさっぱり把握できないという所。
    なんかロープみたいなのにぶら下がって池を飛び越えるアスレチックで悲劇(?)は起きました。
    傍目に見ていた時は「あんなん楽勝。落ちてる大人はずかしー」とか思っていたのですが、実際、結構落ちるお父さん・お母さんいるのです。池にはまってずぶ濡れです。
    子どもなんかも結構落ちているのですが、お父さんで落ちてる人はほんとに子どもの目が寒い・・。もう家に帰って「宿題しろ」なんて言っても「池に落ちたくせに!」なんて言われかねない冷めた目です。
    で、自分の番になってみると・・これが結構やばい。いくらロープ掴むとはいえ、あきらかにここ十数年で飛び越えた事のない距離です。
    けどあんままごまごしてんのもみっともないし、余裕があるフリして跳びましたよ・・
    ええ、跳びましたとも・・
    けどね、すっかり忘れていたんですが、そん時わたくし、背中に結構重い
    一眼レフ
    入れたリュック背負ってましてね・・・
    なんとか飛び越えて着地したんですが、背中に重心ひっぱられてあわや転倒&一眼レフ水没寸前に!
    なんとかバランスとって事なきをえたのですが・・
    その池飛び越えアスレチック一発で、瞬間的に両肩〜二の腕&腹筋が筋肉痛に!
    一瞬で筋肉痛になるわけがないんで、これはもう軽い肉離れレベルです。
    なんとか親の威厳&一眼レフを守る事には成功しましたが、それと引換にそれから3日たっても一向にひかない重度の筋肉痛的痛みを得てしまいました。
    教訓:一眼レフを背負って池を飛び越えては行けない。
    JUGEMテーマ:育児

    Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X5 ボディ KISSX5-BODY

    children | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    ^^;;;;;;;;;;;;

    アスレチック!は
    いずれ 僕も連れて行きます!
    大好きでした!
    (まずは平和島で軽く・・・w)

    教訓にさせていただきますw
    たっちゃん | 2010/07/22 7:07 PM
    ”清水公園”懐かしいです!
    我が家でも25年位前子供たちを連れて何度か行った事あります
    BBQとかもできるし、フィールドアスレチックの”あり地獄”とかも楽しいんですよね
    でもあそこの”水上コース”は危険なんですよ
    洋服から履物まで一式着替えを持っていかないとあぶんないんですよ
    もっと身軽なはずだったのに何でこうなるの??という大人が大勢います
    でもそれもまた家族の楽しみでもありますが
    経験上、親が子供と一緒に遊んでもらえる時間ってそれほど多くはありません
    いっぱいいっぱい楽しんでください!!
    kajimama | 2010/07/23 9:30 PM
    >たっちゃんさん

    嫁から「お父さんは落ちてもいいけど背中のカメラが、気が気じゃなかった」と言われました(泣)
    pd | 2010/07/26 11:21 AM
    >kajimamaさん

    そーですね。きっとすぐ「遊んでくれなく」なるんですよね。

    あー思春期とか怖い・・
    pd | 2010/07/26 11:23 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.pingpong-design.com/trackback/1522810
    この記事に対するトラックバック